酵素ダイエットの好転反応について

酵素ダイエットをしている時に、ちょっと不快な好転反応が起きることがあります。

 

好転反応というのは、身体が良い方向へ向かっている真っ最中に、逆に不調やトラブルが表に現れて来ることを指します。調子が悪くなって不安になったり、不愉快な思いをしたりするので非常に困った情況ではあるのですが、体質改善をかなり短い期間に行うとなると、どうしてもこうした反応からは逃れられません。

 

今まで自分が溜め込んでいた毒素が抜けている真っ最中なのだと思って、なんとか信じて乗り切りたいところです。

 

好転反応でわかりやすい例で言えば、ずっと便秘に慣れてしまった人が、腸内環境が良くなったことで排便が起こるということがあります。

 

排便は良いのですが、当然お腹が痛くなったりひきつれたりしますし、血液が腸に集まって気持ちが悪くなるかもしれません。でもこれが悪い予兆だとは誰も思いませんよね、酵素ダイエットに限らず、好転反応というのはそうしたものです。

 

どんな反応が起こるかは人それぞれなので分かりませんが、酵素ダイエットで良く聞く内容は、頭痛や吹き出物、一時的な便秘や吐き気、眠気、むくみなどです。

 

特にファスティングなどをしている人には良く見られますね。

 

辛すぎる場合は中断しても良いのですが、そこで止めてしまうといつまでたっても先へは進めません。病院へ行くようなことになるほどの我慢はいけませんが、必要以上に不安にならずに、冷静に自分を観察してみてくださいね。