脂質分解酵素で肥満を改善!

東京都医学総合研究所が、2014年6月に、酵素による肥満の新調節機構を解明したと発表しました。

 

脂質分解酵素の2種類が、それぞれに肥満を促進させたり、反対に肥満を改善させたりしていることがわかり、メタボリックシンドロームの改善に大きく前進したことが報じられています。

 

ホスホリパーゼA2(PLA2)分子というものらしいのですが、PLA2G5というものが肥満を改善するはたらきを持っていて、PLA2G2Eというのが肥満を促進するはたらきを持っているとのこと。

 

マウスの実験では非常にあきらかな代謝の影響差が解明されたそうです。

 

分泌されるのは脂肪細胞かららしいですが、脂肪細胞自身が肥満になったり肥満を抑制したりコントロールをしていたということですよね。肥満を治す薬はないと言われていましたが、もしかしたら近い将来、服用すると肥満が解消されるやせ薬が酵素から発明されるのかもしれません。

 

特に内蔵脂肪は健康面でとても怖い存在ですから、予防や治療が出来るのはすごいことです。

 

酵素の研究は世界中であらゆる面から行われています。

 

各メーカーも、健康ドリンクに酵素をプラスした新商品を開発したり、お酒を健康的に飲むためのレシピなどを開発したりしています。食べないダイエットは身体を不健康にしかしませんが、そこに酵素をプラスするだけで、非常に効率的で結果の出せるダイエットに劇的に変えることが出来ます。

 

これだけ有用性が証明されている自然界のはたらきを利用しない手はありません。
酵素ダイエットはこれからもっと注目されていくダイエット法なのです。